警視庁がまとめている、平成25年度2月中に発生した交通事故は47,300件、そのうち死亡事故数は324件、負傷者数は58,246人と報告されています。前年同期と比較すると、死亡事故件数及び死者数は増加していることになります。平成25年度に入って、負傷者数は合計119,996人、一日当たり平均2、000人近くの人が事故による何らかの治療を受け痛手を負っていることが分かります。特に65歳以上の高齢者は死者全体の半数を超えているのも事実です。たとえ歩行中であっても事故に巻き込まれることがあり、ひやりとする瞬間は誰でも経験したことがあるかもしれません。

交通事故を起こしやすい状況として、脇見運転、居眠り運転、一時不停止等が原因となり交通事故につながるパターンが多く見られます。

交通事故を起こしやすい時間帯は、日没前後の薄暗い時間。それは薄暗くなると歩行者や車が見えにくなることや、帰宅のラッシュ時間と重なり、交通量が増えることも交通事故につながる大きな原因となってくるのです。

注意していても、突然事故に見舞われ被害者となった場合、どうしたらいいのでしょうか。

ひとりで悩んでしまうケースが多く、まして怪我の治療が思うように進展しないという心配がさらに重なってしまうことでしょう。確かな情報を知っておくことは、交通事故の問題を解決するカギとなることでしょう。

<参考>福岡で交通事故などのホームページ制作ならゴールドマネー http://www.goldmoney.jp/hp/